底辺社会人の趣味(だけ)空間neo

旅行記や写真(主に飛行機)をひたすら載せ続けるブログ

どこかで働く駅員がひたすら旅行記や写真(主に飛行機)をひたすら載せ続けるブログです

↓活動拠点のホームページはこちら↓
https://cyberperorist.web.fc2.com/

↓不定期の日記やTwitter連携はこちらのブログへ↓
https://cyberperorist.blog.fc2.com/

2022年2月16日 【成田空港】

OH-LWD / Finnair Oyj / Airbus A350-900

冬らしいきれいに抜けた青空です。特に狙う獲物がなかったとしても、天気が良いというだけでついつい撮影に来たくなってしまうもの。
というわけでやっと2022年最初の成田空港スポッティングの始まりです。

フィンエアーも世界の潮流に乗ってプレミアムエコノミーを新たに設定することになりました。それに合わせてA350の19機とA330の8機をリニューアルし、2022年春から投入する予定となっています。
ヨーロッパへの旅の選択肢が新たに増え、旅行できる日が楽しみです。

 

VN-A886 / Vietnam Airlines / Airbus A350-900

せっかくの北風運用なのでB滑走路からの離陸機を狙ってみることにしました。現在B滑走路は平行誘導路の再舗装工事を行っており、長ければ10月頃まで誘導路の大部分が使用できません。滑走路横の通行ができないため、北風時には離陸専用、南風時には着陸専用とすることで誘導路を使わなくて済むような運用が組まれています。

ピーチやジェットスタージャパンといったLCCがメインではありますが、中距離便ならA350B787クラスの機体が離陸していく姿を見ることができます。大きな機体が目の前で飛び立っていくのは迫力満点。

 

 

JA880A / All Nippon Airways / Boeing 787-9 Dreamliner

日が高くなってくるとどうしても陽炎の影響が出てきてしまいますが、それでもなるべく手前に引き寄せて切り取ればそれなりに見られる写真になります。

「十余三東雲の丘」の先端まで行くとむしろ滑走路に近すぎるので、階段を上がってすぐぐらいの手前側から撮るのがいいようです。

 

JA010G / 国土交通省航空局 / Cessna 525 CitationJet

離陸機の合間を縫って国土交通省のセスナ・サイテーションが飛行検査をして回っていました。

飛行検査では実際の着陸コースをたどって滑走路の灯火や着陸誘導灯が正しく点灯しているか、ILS(計器着陸装置)の電波誘導が正確にできているかなどのチェックを行います。
今実施している定期的な検査に加えて、空港の設備に更新などの変更が加えられた場合にも運用に影響がないかの検査を行うのが業務。

珍しいといえば珍しいですが、空港に通い詰めていれば何度も目にする機会があるのではないでしょうか。コールサインは「チェックスター」なので、エアバンドを聞いている時は気にしてみてください。

 

B-58209 / Starlux Airlines / Airbus A321-200N

出発ラッシュの時間を過ぎてしまったようで、すっかり離陸機がいなくなってしまいました。すごすごとA滑走路南側の「ひこうきの丘」へと移動してきます。

普段の北風ならB滑走路に降りてくる第2ターミナル発着の航空会社も、工事中の今はA滑走路に着陸します。スターラックス航空も第2ターミナルに発着するエアラインですからA滑走路での姿は今が狙い目(?)です。
引き続き週2便がエアバス・A321neoで運航されていますが、同社は今後A330neoとA350の導入が予定されており成田への就航も期待できます。

 

JA6686 / 新日本ヘリコプター / Aerospatiale AS332

着陸機に混ざってA滑走路をローパスしていったのは新日本ヘリコプターが所有するアエロスパシアル・スーパーピューマ
元々この機体は海上保安庁が「うみたか」の名前をつけて運用していたものでした。2019年に「アメリカへ売却」ということで現役を引退していましたが、2021年になってこの新日本ヘリコプターが購入しています。側面の前から3つめの窓がバブル型になっているのは海保時代の名残でしょうか。

 

B-30C8 / Air China / Airbus A320-200N

エアチャイナはA320neoで到着しました。何の変哲もない機体ですが、中国の登録記号の付け方に困惑します。
おそらく機体が増えすぎて「B-数字4ケタ」では捌けなくなってきたためアルファベットを入れ始めたのですが、16進数でも使っているのかと思うような感じにアルファベットが入りました。

あさかぜのようにレジ番をコレクションしているような人間にとって、読みづらいのは本当に困ります…

 

B-5939 / China Southern Airlines / Airbus A330-300

中国東方航空の広州~成田便は毎週水曜日にA380が入るということで話題になりましたが、もうすっかり過去のことになってしまいました。
中国はコロナ対策が厳しすぎることもあってか、国内線でさえA380で運航できるほどの需要がないのかもしれません。いつまで世界の潮流に逆らい続けるのか…

 

JA822J / Jetstar Japan / Boeing 787-8 Dreamliner

ZIP AIRは独自のポイントプログラムを用意していますが、去年の4月から親会社の日本航空マイレージプログラムと提携が始まっています。交換レートはeJALポイントと同額で、1マイル=ZIP AIR 1ポイント、1万マイル単位で交換すると1マイル=1.5ポイントで交換可能。

うまいタイミングで予約すれば、格安でフルフラットシートを使ってアメリカを往復できるようになります。
難点はJALサクララウンジが使えなくなってしまうことでしょうかね…

 

まだあれやこれや撮るものがあったのですが、家から呼び戻されたため泣く泣く帰宅…
カーゴルクス撮りたかったのになぁ…